顔面に座られる話

先日、理由あって顔面騎乗の初体験をしてしまいました。
モチロン、乗られた側ですけどネ。

イキナリ股間を顔に乗せて座ってくるのかと思いきや、最初は太腿を首の上に乗せられたんです。
そして、グイグイと。グイグイと。。。
オイラの頚動脈を圧迫してきます。

(〇Дo)ぐぅぇぇぇぇぇっ!

コレはかなり苦しかったですぅ
なんか、綺麗なお花畑が見えた気がしましたよぉ
くぅわぁぁぁ~
あっ、死んだおじいちゃんだぁ。。。

危うく、旅立つギリギリのところで、太腿チョークスリーパーは解かれ、続いていよいよ顔騎です。

しかし、もうオイラの脳味噌はそれどころぢゃあねえでし。
多分5歳くらいに幼児退行していたのではないでしょうか。

ようやく息が出来たと思ったら、今度は生暖かい、しっとりした、肉厚なアレが”ぐにゅ~っ”と顔に密着してきます。

また、窒息です。

気持ちいいとか、興奮するとか、等など期待していた感じは全く無いです。
とにかく息がしたいとか、苦しいとかしか、脳死寸前の脳味噌では考えられなかったです。

ホント、苦しい苦しいだけでした。
なんかアレ以来、Mの人って尊敬しちゃいます。
すごい苦しみに耐えているんだなぁって。

今度はもうちょっとソフトなのにしよ~っと♪
懲りてねぇ~(^ー^;)