恐かった話2 ~囁く声~

30代の頃、映像系の仕事をしていたことがありました。

その頃の話なのですが、ラブホテルなどで女性のイメージムービーを撮影する仕事をしていました。

キレイ目のラブホテルに女性と2人で入って、その女性のプロモーションムービーの素材を撮影するのですが、、、 いやいや、役得な事は一度も有りませんでしたけどね~(TーT)

オイラは撮影だけして、その素材を編集にまわすとBGMを入れたりして立派なプロモーションムービーが完成するってわけです。

その日も撮影対象の女性と2人で都内の某ラブホテルに入り、キレイな衣装に着替えた女性を小一時間ほど撮影しまして、スタジオに戻り編集に素材を渡して、「本日の仕事終わりっ! さて今日はどこに飲みに行こうかな~」な~んて思っていると、、、

「ホンヤマさん」 と編集が声をかけて来ました。

「どうしたの?」

「あの、 撮影しているときに誰かいました?」

「いや、いないよ」

「え、 あぁそうですか、、」

「どうしたの?」

「、、、あの、ちょっとコレ聞いてもらえます。」

と、ヘッドホンを渡されたんです。

っていうか、どうせBGMかぶせちゃうし、女性の声は使わないので、音が入っていたところで問題無いんだよな~ なんて思っていたオイラの耳に、、、
 
「…ぁぁぉ…」
 
何て言っているのかはわからないのですが、確かに囁くような人の声が!

なにこれ!? いやいや誰もいなかったよ!間違いなく!女の子と2人だもん!」

「ですよね。。。で、この声よく聞くと、マイクのすぐそばでしゃべってませんか?。。。」

「えっ!?」

もう一回聞いてみました。   確かに!マイクのそばで囁いています!

ビデオカメラのマイクってカメラ自体についているので、、、ってことは、カメラを持つオイラのすぐそばで囁いていたって事!?

ゾォーーーーッ!としましたよぉ~!(◎_◎;)

雑音かと思って何度か聞いたのですが、やっぱり人の声なんですよ!何度聞いても。。。

何度聞いても、なんて言ってるかは結局解りませんでした。

まぁ、解ったら解ったで恐いっすけど、、、((+_+))

それ以来、そのラブホテルを利用することは止めました。